コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松坂屋 まつざかや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松坂屋
まつざかや

百貨店。慶長16(1611)年織田信長家臣伊藤蘭丸祐道が名古屋に開いた,いとう呉服店を前身とする。明和5(1768)年松坂屋利兵衛が江戸上野に営む呉服店の松坂屋を吸収,いとう松坂屋として江戸に進出。1907年合資会社松坂屋いとう呉服店に改組,1910年株式会社いとう呉服店に改組して,名古屋に新店舗を開店。1925年社名を松坂屋に変更。1970年には大丸と商品共同仕入れ,商品券の共同利用で提携した。2006年,持株会社として松坂屋ホールディングスを設立。2007年松坂屋ホールディングスが大丸と経営統合して新たに設立した共同持株会社 J.フロントリテイリングの傘下に入る。2010年大丸と合併し,社名を大丸松坂屋百貨店に変更した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

松坂屋

織田信長の家臣だった伊藤源左衛門が1611年、城下町を移す「清須越」に伴い、名古屋で呉服小間物問屋を開業。源左衛門の戦死後、子の次郎左衛門が「いとう呉服店」として再興。1736年、呉服太物小売業に。68年、江戸・上野の松坂屋を買収。1910年、百貨店に。25年、現在の社名、店名に。店舗数は1月末の岡崎店閉鎖で7。

(2010-01-31 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

松坂屋の関連キーワード伊藤次郎左衛門(いとうじろざえもん)伊藤 次郎左衛門(15代目)伊藤 次郎左衛門(16代目)伊藤 次郎左衛門(14代目)J.フロント リテイリング伊藤次郎左衛門(14代)伊藤次郎左衛門(15代)伊藤次郎左衛門(13代)DAIMARU CARD松坂屋跡地の再開発計画伊藤次郎左衛門(9代)Jフロントリテイリングさくらパンダカードさくらパンダの日松坂屋 名古屋店マツザカヤカードJR名古屋高島屋エンゼルパーク東海銀行[株]早川 弥左衛門

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松坂屋の関連情報