コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤正作 いとう まさなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤正作 いとう-まさなり

いとう-しょうさく

伊藤正作 いとう-しょうさく

1779-1864 江戸時代後期の農業指導者。
安永8年4月7日生まれ。代々若狭(わかさ)河原市村(福井県美浜(みはま)町)の庄屋で医師。各地を巡察,農法の研究と改良につとめ,「耕作早指南種稽(しゅけい)歌」「農業蒙訓(もうくん)」などをあらわした。詩文・書画にもすぐれた。元治(げんじ)元年4月12日死去。86歳。別名は信前。号は耕楽舎。名は「まさなり」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone