コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤甲之助 いとう こうのすけ

1件 の用語解説(伊藤甲之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤甲之助 いとう-こうのすけ

1844-1864 幕末の武士。
弘化(こうか)元年生まれ。土佐高知藩士。武市瑞山(たけち-ずいざん)の土佐勤王党にくわわる。文久3年京都で姉小路公知(あねがこうじ-きんとも),三条実美(さねとみ)の警護にあたり,八月十八日の政変後の七卿落ちに随行。元治(げんじ)元年脱藩して松山正夫の忠勇隊にはいり,禁門の変で負傷,7月21日自刃(じじん)した。21歳。名は和義。著作に「都落の記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤甲之助の関連キーワード元治曲芸真木和泉井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係跡部良弼

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone