コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤甲之助 いとう こうのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤甲之助 いとう-こうのすけ

1844-1864 幕末の武士。
弘化(こうか)元年生まれ。土佐高知藩士。武市瑞山(たけち-ずいざん)の土佐勤王党にくわわる。文久3年京都で姉小路公知(あねがこうじ-きんとも),三条実美(さねとみ)の警護にあたり,八月十八日の政変後の七卿落ちに随行。元治(げんじ)元年脱藩して松山正夫の忠勇隊にはいり,禁門の変で負傷,7月21日自刃(じじん)した。21歳。名は和義。著作に「都落の記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤甲之助の関連キーワードエンゲルス元治バンディエラ兄弟曲芸ペテーフィマルクス経済学サンターナ真木和泉武田耕雲斎ブートレロフ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android