松山正夫(読み)まつやま まさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山正夫 まつやま-まさお

1837-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年2月11日生まれ。土佐高知藩士。文久元年土佐勤王党にくわわる。3年脱藩して長州におもむき,三条実美(さねとみ)ら七卿にしたがった。禁門の変では忠勇隊隊長としてたたかい,元治(げんじ)元年7月21日真木和泉(いずみ)らとともに天王山自刃(じじん)。28歳。通称は金三郎,熊蔵,深蔵。号は津山

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android