コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤蘭林 いとう らんりん

1件 の用語解説(伊藤蘭林の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤蘭林 いとう-らんりん

1815-1895 幕末-明治時代の儒者。
文化12年9月28日生まれ。土佐(高知県)の人。広井遊冥(ゆうめい)に師事。天文,暦算に通じ,書,武術にもすぐれた。家塾でおしえ,高知藩家老の深尾氏につかえて明治のはじめ名教館教授。門下に田中光顕(みつあき)ら。明治28年3月14日死去。81歳。名は徳裕。字(あざな)は益卿。著作に「蘭林詩抄」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤蘭林の関連キーワード深刻小説日清戦争喜劇映画観念小説文芸倶楽部ルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone