コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤軍兵衛 いとう ぐんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤軍兵衛 いとう-ぐんべえ

1840-1862 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)11年11月生まれ。信濃(しなの)(長野県)松本藩士。文久2年5月29日江戸高輪(たかなわ)東禅寺のイギリス仮公使館を警備中,イギリス人水兵2名を殺害(第2次東禅寺事件)。同年6月1日松本藩邸で自害した。23歳。名は祐英。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤軍兵衛

没年:文久2.6.1(1862.6.27)
生年天保11.11(1840)
幕末の信濃国松本藩(長野県)藩士。尊攘派志士。文久1(1861)年5月28日,イギリス公使館にあてられていた高輪東禅寺を水戸浪士が襲撃した。第1次東禅寺事件である。翌2年8月幕命により松本藩が大垣・岸和田両藩と共に東禅寺警衛に当たるに際し,警衛隊に編入された。折から水戸浪士の再襲撃の噂があり,攘夷の心情を高ぶらせて実行を決意。第1次東禅寺事件より1年後,その同じ日を期すかのように単身東禅寺に斬り込み,藩邸にて自刃。23歳。死体は外国人の検分ののち小塚原の刑場に送られた。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の伊藤軍兵衛の言及

【東禅寺事件】より

…このためイギリスは水兵を上陸させて公使館を直接警備し,翌年幕府は賠償金1万ドルを支払って事件はひとまず落着した(第1次東禅寺事件)。しかし62年6月26日(文久2年5月29日)夜,イギリス水兵とともに公使館の警備にあたっていた幕府・諸藩兵の一人,松本藩士伊藤軍兵衛が公使襲撃をめざして館内に侵入し,これを発見した水兵2人を殺害して自分も自殺した。このためイギリスはさらに警備水兵を増強し,これにひきつづいた生麦事件ともからんで交渉は難航,翌年幕府が賠償金1万ポンド(約4万ドル)を支払ってやっと解決した(第2次東禅寺事件)。…

※「伊藤軍兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊藤軍兵衛の関連キーワード運動家没年

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android