伊藤鴈助(読み)いとう がんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤鴈助 いとう-がんすけ

?-1582 戦国-織豊時代の武士。
榊原(さかきばら)康政につかえ,徳川家康馬廻(うままわり)となる。永禄(えいろく)12年(1569)家康の大井川視察にしたがい,武田信玄の家臣山県昌景(やまがた-まさかげ)の襲撃をふせいだ。天正(てんしょう)10年織田信長の甲州攻めのとき,家康の危急をすくったが,乱戦中あやまって味方に殺されたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android