コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田信忠 おだのぶただ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

織田信忠
おだのぶただ

[生]弘治3(1557).尾張清洲
[没]天正10(1582).6.2. 京都,二条
安土桃山時代の武将。信長の長男。幼名,奇妙丸または三法師ともいった。元服して勘九郎。近江小谷城攻撃を初陣として,その後の諸戦で軍功をあげ,天正 10 (1582) 年には甲斐に進攻して武田氏を滅ぼした。本能寺の変では妙覚寺で奮戦したが,明智軍に包囲され自刃

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

織田信忠【おだのぶただ】

安土桃山時代の武将。織田信長長子。父に従い長島の一向一揆(いっき)の攻撃,長篠(ながしの)の戦などに転戦し,1576年信長が安土に移った後,岐阜城主となる。1582年甲斐(かい)の武田勝頼を滅ぼす。
→関連項目前田玄以

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田信忠 おだ-のぶただ

1557-1582 織豊時代の武将。
弘治(こうじ)3年生まれ。織田信長の長男。天正(てんしょう)4年信長が安土城にうつると美濃(みの)岐阜城主となる。10年武田攻めの先鋒(せんぽう)大将として勝頼を討ち,快川紹喜(かいせん-じょうき)ら寺僧のこもる恵林(えりん)寺を焼き打ちした。本能寺の変に際し二条御所で明智(あけち)光秀軍に包囲され,同年6月2日自刃(じじん)。26歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。幼名は奇妙。初名は信重。通称は菅九郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

織田信忠

没年:天正10.6.2(1582.6.21)
生年:弘治3(1557)
安土桃山時代の武将。織田信長の長男。母は生駒氏。幼名奇妙丸,通称を菅九郎といった。元亀3(1572)年1月,岐阜城において元服し,7月,父に従って近江小谷城を攻めたのが初陣。天正3(1575)年,長篠の戦ののち,美濃岩村城を攻め,守将秋山信友を虜にした功により秋田城介に任じられた。翌4年,信長が安土城を築いてそこに移ると岐阜城主となり,美濃・尾張2カ国の支配をまかされている。同10年の武田勝頼討伐のときには先鋒の大将として甲斐に攻め入り,戦功をあげ,特に武田残党を匿った恵林寺を攻め,長老快川紹喜ら寺僧百五十余人を焼き殺したことは有名である。その後,豊臣秀吉を応援するため上洛し,妙覚寺に泊まったが,6月2日,本能寺が明智光秀軍に囲まれたことを知って救援に馳せつけようとしたとき,本能寺が焼け落ちたとの報を得て二条御所に入り,誠仁親王を逃がしたあと,同所で自刃した。<参考文献>小和田哲男『織田家の人びと』

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おだのぶただ【織田信忠】

1557‐82(弘治3‐天正10)
安土桃山時代の武将。信長の長子。幼名は奇妙丸,長じて菅九郎。浅井攻めを初陣とし,その後諸方で戦功があった。1575年(天正3)出羽介,翌年秋田城介。信長が安土に移ると代わって岐阜城主。77年,紀伊雑賀(さいが)攻めに続き大和信貴山(しぎさん)に松永久秀を滅ぼす。82年,信濃から甲斐に攻め入り武田勝頼を滅ぼす。中国攻めのため上洛,京都妙覚寺滞在中に明智光秀の謀反を知るが,本能寺救援は果たせず,二条城で光秀方に包囲され自刃。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おだのぶただ【織田信忠】

1557~1582) 安土桃山時代の武将。信長の長男。秋田城介。岐阜城主。本能寺の変に、二条城で明智光秀の軍と戦い自刃した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

織田信忠
おだのぶただ
(1557―1582)

安土(あづち)桃山時代の武将。信長の嫡子。幼名奇妙(きみょう)、菅九郎(かんくろう)を名のる。1572年(元亀3)北近江(おうみ)に初陣して浅井長政(ながまさ)を攻め、74年の長島一向一揆(いっこういっき)攻め、75年の長篠(ながしの)の戦いに従軍。出羽介(でわのすけ)、秋田城介に任ぜられた。75年11月には信長より家督を譲られ、尾張(おわり)(愛知県)、美濃(みの)(岐阜県)を領し岐阜城主となる。77年雑賀(さいか)衆を討ち、また松永久秀討伐により従三位(じゅさんみ)左近衛権中将(さこんえごんのちゅうじょう)。播磨(はりま)攻め、石山合戦、有岡城攻めに参陣。82年甲斐(かい)の武田勝頼(かつより)を攻め先鋒(せんぽう)として功があった。武田滅亡時、恵林寺(えりんじ)の快川紹喜(かいせんじょうき)らを焼殺した。さらに中国毛利(もうり)攻めのため上洛(じょうらく)し、妙覚寺に寄宿中、本能寺の変にあい、二条御所にこもって明智光秀(あけちみつひで)軍と戦い、自刃する。信忠の子三法師(さんぼうし)(のち秀信)が織田家を継ぐが、関ヶ原の戦い後改易。法名大雲院殿仙巌大禅定門。大徳寺総見院に葬る。[脇田 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の織田信忠の言及

【尾張国】より

…旧国名。尾州。現在の愛知県の西半部にあたる。
【古代】
 東海道に属する上国(《延喜式》)。面積の約6割が濃尾平野の南半部にあたる肥沃な沖積平野で,古墳の分布などから推察すれば,北部の犬山市や一宮市,北東部の春日井市あたりにも豪族の拠点があったと考えられる。しかし国全体を統轄する地位を確保したのは,平野南部の熱田台地に本拠をおく尾張国造たる尾張氏であろう。尾張氏は,ヤマトタケル伝説を媒介として,皇室とのつながりを誇示する豪族であった。…

【甲州征伐】より

…1573年(天正1)信玄の没後武田家をついだ勝頼は,75年に長篠の戦で織田信長,徳川家康の連合軍に敗れ,以後武田家は衰退に向かった。これに対し信長は82年2月に武田氏追討の兵をおこし,主力の織田信忠軍は木曾口と岩村口から進撃して,伊那の諸城を次々に陥れた。また家康も駿河口から攻撃を開始し,武田氏の一族穴山梅雪を味方にした。…

【本能寺の変】より

…信長は1日夜を茶会,囲碁で過ごし深夜就寝したが,鉄砲の音ではじめて光秀の襲撃を知り,森乱法師(蘭丸)等近臣と防戦のすえ火中で自殺した。父より早く上洛していた織田信忠も1日深夜本能寺から妙覚寺に帰り,2日朝村井貞勝等の通報で襲撃を知り,本能寺に入ろうとしたが及ばず,誠仁親王の二条御所にこもって防戦のすえ自殺した。光秀はその日午後京都をたって近江に向かったが,山岡景隆が瀬田橋を焼いたのでいったん坂本に行き,5日安土を占領,8日再び坂本城に帰った。…

※「織田信忠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

織田信忠の関連キーワード疋田豊五郎(ひきたぶんごろう)諏訪勝右衛門の妻小里城山城則武三太夫伊藤惣十郎桂春院庭園河尻秀隆甲州征伐別所長治木曾義昌稲葉山城高遠城跡仁科盛信毛利新介村井貞勝織田秀信猪子高就武田氏高遠城三法師

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

織田信忠の関連情報