コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆ヶ岳 イズガタケ

デジタル大辞泉の解説

いず‐が‐たけ〔いづ‐〕【伊豆ヶ岳】

《「伊豆ヶ嶽」とも書く》埼玉県飯能市北西部にある山。標高851メートル。秩父古生層からなり、奥武蔵を代表する男性的な山として知られる。眺望がよく、東京の高層ビル群を見ることができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊豆ヶ岳
いずがたけ

埼玉県南西部、飯能(はんのう)市北西部にある山。標高851メートル。正丸(しょうまる)峠から南に2キロメートルの所にある。秩父中・古生層のチャートからなるため、奥武蔵(おくむさし)でもっとも男性的な山として知られ、頂上付近には鎖を使って登るルートもある。眺望はすこぶるよく、関東平野や秩父連山が見渡せる。正丸峠から子ノ権現(ねのごんげん)(天竜寺)に至るハイキングコースの中心地点で、県立奥武蔵自然公園の代表的な山である。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊豆ヶ岳の関連キーワード奥武蔵県立自然公園飯能(市)名栗[村]天竜寺

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android