コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥武蔵 おくむさし

3件 の用語解説(奥武蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥武蔵
おくむさし

埼玉県中部,関東平野西部から秩父山地東部にわたる山麓・丘陵地域の呼称。武蔵野の奥という意味で,比較的新しい呼称。飯能市日高市から毛呂山町越生町小川町嵐山町鳩山町ときがわ町東秩父村などの町村に及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おくむさし【奥武蔵】

埼玉県南西部,飯能市,日高市と入間郡名栗村にまたがる標高1000m以下の山地の総称で,奥武蔵高原ともいう。名称は武蔵野台地の奥の山地という意味で,第2次世界大戦前,西武池袋線の前身武蔵野鉄道が観光宣伝のため使いはじめたのが,1951年県立奥武蔵自然公園を設定してから,広く普及した。秩父古生層よりなる山地を流れる高麗(こま)川と名栗川(入間川上流)は清流と渓谷美に恵まれ,正丸峠,刈場坂峠,顔振(こうぶり)峠や伊豆岳,天覧山,日和田山などの景勝地があり,子ノ権現,竹寺,高山不動,聖天院,高麗神社,能仁寺などの由緒ある社寺も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥武蔵
おくむさし

埼玉県南西部、飯能(はんのう)市西部から、秩父(ちちぶ)郡南東部にかけての地域の俗称。この地名は、西武鉄道池袋線の前身武蔵野(むさしの)鉄道がハイキングコース宣伝のために使用したが、1951年(昭和26)県立奥武蔵自然公園が指定され、この名称が定着し、一般的になった。自然公園の範囲は、飯能市、入間(いるま)市、日高市にまたがるが、山地のみを呼称し低い丘陵地帯は奥武蔵とはいわない。しかし、秩父の武甲(ぶこう)山を含んだり、越生(おごせ)町、毛呂山(もろやま)町、ときがわ町などの山地部を含んだりすることもある。このように、奥武蔵の名称は、行政的なものではなく、一般的には「武蔵野の奥にある山地」としてとられている。
 入間川の上流部の名栗川や、高麗(こま)川上流部にあたり、有間(ありま)山(1214メートル)、棒ノ嶺(ぼうのみね)(969メートル)、伊豆(いず)ヶ岳(851メートル)など1000メートル程度の山を主体にする。このほか、丘陵地にある多峰主(とうのす)山、天覧(てんらん)山、日和田(ひわだ)山なども、ハイキングに訪れる人が多い。また、奥武蔵には、正丸(しょうまる)峠、妻坂峠、鳥首(とりくび)峠、山伏峠、苅場坂(かりばさか)峠、(ぶな)峠、飯盛(いいもり)峠、顔振(こうぶり)峠、高麗峠など多くの峠があり、特色あるハイキングの場所としてにぎわっている。平坦(へいたん)な山頂にある常楽(じょうらく)院(高山不動)、子ノ権現(ねのごんげん)(天竜寺)、古い由緒ある高麗神社、聖天(しょうてん)院などの寺社は、穏やかな風光に一段と特色をつけるものである。東京に近いため、奥武蔵自然歩道や奥武蔵グリーンラインなどの林道の整備を中心とした観光開発が進み、1969年には西武鉄道が正丸峠をトンネルで抜いて秩父に至るに及んで、ハイキング客は増大した。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥武蔵の関連キーワード名栗渓谷名栗湖埼玉県飯能市赤沢埼玉県飯能市阿須埼玉県入間郡埼玉県飯能市上名栗埼玉県飯能市下名栗名栗〈村〉埼玉県飯能市飯能埼玉県飯能市

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥武蔵の関連情報