コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊賀崎治堅 いがさき はるかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊賀崎治堅 いがさき-はるかた

?-1598 織豊時代の武士。
慶長2年毛利秀元の家臣冷泉(れいぜい)元満にしたがって朝鮮に出征。3年蔚山(ウルサン)の戦いで元満が討ち死にしたとき殉死した。これをきいた妻も周防(すおう)問田(といだ)(山口市)で自害したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊賀崎治堅の関連キーワードチャップマン太閤検地フェリペマルティンスフェリペ朝鮮文学ボリス・ゴドゥノフ安土桃山時代春日山藩醍醐寺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android