コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口市 やまぐち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口〔市〕
やまぐち

山口県中部,椹野川中流域の山口盆地を中心に広がる市。北東は島根県に接し,南は周防灘に面する。県庁所在地。1929年山口町と吉敷村が合体して市制。1956年鋳銭司村,1963年大内町を編入。2005年徳地町,秋穂町,小郡町,阿知須町の 4町と合体。2010年阿東町を編入。古代京都の八坂神社領の朝倉荘の地。中世大内氏の支配になって京都に模した都市が造成され,今日の市街地が成立した。海外貿易の振興をはかり,京都文化を導入して学問,芸術を奨励,文化都市として発展した。弘治3(1557)年毛利氏の支配下に入り,明治4(1871)年山口県の県庁所在地となる。政治,文化,教育,観光都市として発展しているが,消費都市の性格が強い。近代工業の成立は遅れ,印刷,食品,木製品工業が中心。大内塗や徳地和紙など,古くから伝わる名産品がある。農村部では米,野菜やイチゴを産し,山間部では木材を多産する。漁業はノリの養殖が盛んで,南部の秋穂はクルマエビが特産品。国宝の瑠璃光寺五重塔,国指定史跡・名勝の常栄寺庭園,国指定重要文化財を多く有する洞春寺があるほか,朝田墳墓群,周防鋳銭司遺跡,陶陶窯跡,大内氏遺跡,萩藩主毛利家墓所,佐波川関水,野谷石風呂などが国の史跡に指定され,大村益次郎墓(国指定史跡)など明治維新に関する史跡も多い。また,フランシスコ・ザビエルが訪れた地でもあり,ザビエル記念聖堂がある。聖堂は 1991年の火災で大部分を消失したが再建された。平川の大スギ,法泉寺のシンパク,龍蔵寺のイチョウ,ゲンジボタル発生地,出雲神社ツルマンリョウ自生地,小郡のナギ自生北限地帯は国の天然記念物。湯田温泉,奥湯田温泉,阿知須温泉がある。国指定名勝の長門峡および佐波川などは長門峡県立自然公園に属する。中心市街地南部の新山口駅で山陽新幹線,JR山陽本線,山口線,宇部線が分岐し,国道2号線,9号線などが通るほか,中国縦貫自動車道と山陽自動車道を結ぶジャンクションがある。面積 1023.23km2。人口 19万7422(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまぐち‐し【山口市】

山口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

山口市の関連キーワード山口県山口市小郡上郷流通センター山口県山口市朝田流通センター山口県山口市阿東生雲西分山口県山口市小郡三軒屋町山口県山口市阿東地福上山口県山口市阿東嘉年上山口県山口市小郡大江町山口県山口市小郡平成町山口県山口市阿東地福下山口県山口市阿東生雲中山口県山口市阿東徳佐中山口県山口市小郡黄金町山口県山口市小郡給領町山口県山口市小郡維新町山口県山口市小郡高砂町山口県山口市小郡花園町山口県山口市小郡前田町山口県山口市小郡平砂町山口県山口市阿東徳佐下山口県山口市小郡船倉町

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口市の関連情報