伊達宗基(読み)だて むねもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達宗基 だて-むねもと

1866-1917 明治-大正時代の大名,華族。
慶応2年7月15日生まれ。伊達慶邦(よしくに)の4男。父は戊辰(ぼしん)戦争で謹慎となったが,明治元年3歳で家名相続をゆるされ,陸奥(むつ)仙台藩主伊達家14代となる。28万石。17年伯爵。大正6年1月26日死去。52歳。幼名は宜三郎,亀三郎,建千代麿。号は榴岡,鶴城

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android