コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達弥助(5代) だて やすけ

1件 の用語解説(伊達弥助(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達弥助(5代) だて-やすけ

1839-1892 幕末-明治時代の機業家。
天保(てんぽう)10年生まれ。家は代々京都西陣の織屋。屋号は井筒屋。明治9年父(4代弥助)の死により5代をつぐ。日本古代の絵画や彫刻の意匠を参考に幽谷織(伊達錆織(せいしょく))を考案した。明治23年帝室技芸員。明治25年3月20日死去。54歳。幼名は徳松。代表作に「秋草鶉(うずら)図繻珍掛幅(しゅちんかけふく)」(今尾景年原画),「錦地百蝶図壁掛」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊達弥助(5代)の関連キーワードタンジマート新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧遠藤七郎伊達弥助月岡芳年藤岡甚三郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone