コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達邦孚 だて くにたか

1件 の用語解説(伊達邦孚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達邦孚 だて-くにたか

1829-1862 江戸時代後期の武士。
文政12年生まれ。伊達宗賢(むねやす)の子。陸奥(むつ)仙台藩士。詩を松井竹山にまなぶ。開国勤王をとなえ,洋式銃をつくった。文久2年9月16日死去。34歳。字(あざな)は子華。通称は式部。号は蕙園。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊達邦孚の関連キーワード本因坊秀策藩学一覧サイゴン条約黒住教鶴屋南北俚言集覧遠藤ゑつ吉川経幹久世広周

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone