コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達邦孚 だて くにたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達邦孚 だて-くにたか

1829-1862 江戸時代後期の武士。
文政12年生まれ。伊達宗賢(むねやす)の子。陸奥(むつ)仙台藩士。詩を松井竹山にまなぶ。開国勤王をとなえ,洋式銃をつくった。文久2年9月16日死去。34歳。字(あざな)は子華。通称は式部。号は蕙園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊達邦孚の関連キーワードユゴーピウス8世プチジャンバン・ビューレン会沢正志斎本因坊秀策藩学一覧サイゴン条約黒住教ギリシャ独立戦争

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android