コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗賢 そうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗賢 そうけん

1616-1697 江戸時代前期の画僧。
元和(げんな)2年生まれ。京都大徳寺真珠庵住職。狩野安信にまなび,古墨跡の鑑定にもすぐれた。元禄(げんろく)10年5月25日死去。82歳。字(あざな)は普賢

宗賢 しゅうけん

1097-1178/84 平安時代後期の僧。
承徳(じょうとく)元年生まれ。真言宗。醍醐(だいご)寺の聖賢(しょうけん),高野山東南院の良禅から灌頂(かんじょう)をうける。弁論にすぐれ,覚鑁(かくばん)と対立。仁安(にんあん)元年(1166)高野山検校(けんぎょう)となるが,3年大伝法院方(覚鑁の弟子方)との紛争で薩摩(さつま)に流される。翌年ゆるされて帰山。治承(じしょう)2年3月10日/元暦(げんりゃく)元年9月13日死去。82/88歳。紀伊(きい)三谷(和歌山県)出身。字(あざな)は智慶。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宗賢の関連キーワード清原宣賢(きよはらのぶかた)小笠原宗賢徳川 達孝万代屋宗安河野宗賢杉山宗賢清巌宗渭近藤華渓和田為泰大江磐代清原宣賢伊達邦孚尾崎宗賢高田宗賢普巌宗賢船橋宣賢承徳画僧恵空元和

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android