コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊集院まんじゅう

デジタル大辞泉プラスの解説

伊集院まんじゅう

鹿児島県日置市伊集院町の名物菓子。米粉、砂糖、熱湯を合わせた皮で白餡を包み、島津家の家紋である「丸に十の字」の形に整形したもの。きな粉やよもぎ入りなどもある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

伊集院まんじゅう[菓子]
いじゅういんまんじゅう

九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
主に日置市伊集院地区で生産されている。1913(大正2)年、旧・国鉄開通にともなって、販売され始めたという。「丸に十の字」の島津家の家紋がかたどられている。米粉・砂糖・白餡を材料として使用。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android