コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏敵篇 ふくてきへん

1件 の用語解説(伏敵篇の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふくてきへん【伏敵篇】

1891年重野安繹(しげのやすつぐ)の監修で,山田安栄が編纂・刊行した蒙古襲来関係史料集。《靖方溯源(せいほうさくげん)》(上世~文応1年の海外交渉を略述),《竹崎季長蒙古襲来絵詞》(《蒙古襲来絵詞》と同一)の2冊を付録とする。モンゴル襲来を中心に,1260年(文応1)の蒙古,高麗2国との交渉から,応永の外寇(1419)を経て,1443年(嘉吉3)の嘉吉条約(癸亥約条)に至るまでの外寇関係史料を編年的にまとめたもので,近代の蒙古襲来研究に画期的な意義を持った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伏敵篇の関連キーワード鈴木重野葵康継植松果堂日下勺水黒本稼堂佐久間安次(1)重野櫟軒本城問亭本多康禎三井竹窓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone