コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏敵篇 ふくてきへん

世界大百科事典 第2版の解説

ふくてきへん【伏敵篇】

1891年重野安繹(しげのやすつぐ)の監修で,山田安栄が編纂・刊行した蒙古襲来関係史料集。《靖方溯源(せいほうさくげん)》(上世~文応1年の海外交渉を略述),《竹崎季長蒙古襲来絵詞》(《蒙古襲来絵詞》と同一)の2冊を付録とする。モンゴル襲来を中心に,1260年(文応1)の蒙古,高麗2国との交渉から,応永の外寇(1419)を経て,1443年(嘉吉3)の嘉吉条約(癸亥約条)に至るまでの外寇関係史料を編年的にまとめたもので,近代の蒙古襲来研究に画期的な意義を持った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伏敵篇の関連キーワードバーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)マッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴンチャロフサバチエテストビード

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android