コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見常盤 ふしみときわ

1件 の用語解説(伏見常盤の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふしみときわ【伏見常盤】

幸若舞の曲名。盤は槃,磐と書く場合もある。作者不明。室町時代の成立。《平治物語》に材を得た作品で,平治物に分類され,常盤物と分類されることもある。常盤御前は院に仕える女房であったが,たいへんな美女で,院で行われた美人競べに選ばれるほどであった。17歳のとき,院から源義朝に与えられ,3人の子どもを生む。義朝が平治の乱に敗走し,殺されたのを知った常盤は清水寺に詣でて子どもの行末を祈願し,坊の聖の忠告に従って大和国に落ちることにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の伏見常盤の言及

【常盤御前】より

…【小田 雄三】 幸若舞曲では,常盤御前は才色兼備の貴女として造形され,波乱に富んだ生涯を送ったことになっている。都落ちから清盛の愛妾となったことを扱った《伏見常盤》《靡(なびき)常盤》,女人結界の鞍馬寺に登り,別当東光の阿闍梨(あじやり)と法問を繰り広げたのち,牛若を託したという《常盤問答》,鞍馬寺を出て奥州へ下った牛若の後を追い,山中宿で盗賊に遭って殺害されたという《山中(やまなか)常盤》がある。時に,常盤御前43歳であったという。…

※「伏見常盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伏見常盤の関連キーワード振鉾曲舞幸若舞桃井幸若丸幸若舞の本副編桃井直詮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone