コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常盤御前 ときわごぜん

7件 の用語解説(常盤御前の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常盤御前
ときわごぜん

平安時代末期,源義朝の妾。常磐とも書く。初め近衛天皇の后九条院の雑仕をつとめていた。今若,乙若,牛若 (義経) の母。平治の乱で義朝が尾張で殺されたのち,大和に隠れたが,老母や子供を助けるため平清盛の愛を受け,のち一条長成の妻となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ときわ‐ごぜん〔ときは‐〕【常盤御前】

源義経の母。近衛天皇の中宮九条院の雑仕(ぞうし)であったが、源義朝の妾となり、今若・乙若・牛若(義経)を生んだ。義朝の死後、母と子の赦免を条件に平清盛の妾となり、のち、藤原長成に嫁したと伝えられる。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

常盤御前【ときわごぜん】

生没年不詳。源義朝の妾(しょう)。今若(いまわか)・乙若(おとわか)・牛若(源義経)らを産む。平治の乱で義朝の死後,平清盛の寵(ちょう)を得,のち藤原(一条)長成(ながなり)に嫁した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常盤御前 ときわごぜん

?-? 平安時代後期,源義経(よしつね)の母。
九条院の女官から源義朝(よしとも)の妻となり,今若(阿野全成(ぜんじょう)),乙若(義円),牛若(源義経)を生む。平治(へいじ)の乱(1159)で義朝が敗れると,母と3児の助命をねがい六波羅(ろくはら)に出頭,平清盛(きよもり)の妾となった。のち藤原長成(ながなり)と再婚。名は常葉,常磐ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

常盤御前

生年:生没年不詳
平安末期の女性。初め九条院藤原呈子の雑仕女でみやこ一の美貌とうたわれた。16歳で源義朝の妻となり,今若(全成),乙若(義円),牛若(義経)を生む。平治の乱(1159)で義朝が敗れると,平清盛の追手を逃れて大和に隠れるが,母を人質にとられ,六波羅へ子連れで自首。清盛はその容色に目を奪われて助命,妾とし廓御方(左大臣藤原兼雅女房)をもうけた。清盛の寵が衰えると大蔵卿藤原長成に嫁し能成を生んだ。『尊卑分脈』にはこれら5人の子の母として常盤の名が記されているが他に史料が乏しく,以上の生涯は『平治物語』や『義経記』に語られているものである。

(小川寿子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ときわごぜん【常盤御前】

平安末期の女性。生没年不詳。九条院(近衛院の后藤原呈子)の雑仕女であったが,源義朝の妾となって今若(のちの阿野全成),乙若(のちの愛智円成,義円),牛若(のちの義経)を生んだ。平治の乱による平氏の追及にあい,母と3人の子の助命のために六波羅に自首。その後平清盛の寵愛をうけ,廊の御方(建礼門院の雑仕女)を生んだ。さらにのち正四位下大蔵卿藤原長成に嫁して侍従能成を生んだ。【小田 雄三】 幸若舞曲では,常盤御前才色兼備の貴女として造形され,波乱に富んだ生涯を送ったことになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常盤御前
ときわごぜん

生没年不詳。源義経(よしつね)の母。近衛(このえ)天皇の皇后九条院(くじょういん)(藤原呈子)の奥向きの召使いであったが、のち源義朝(よしとも)の妾(しょう)となり、今若(いまわか)、乙若(おとわか)、牛若(うしわか)の3児をもうける。平治(へいじ)の乱(1159)に敗れた義朝が殺されると、常盤は平氏の追及を逃れて3児を連れ大和(やまと)国(奈良県)に隠れた。しかし、平氏に捕らえられた母を助けるため六波羅(ろくはら)に自首し、許された。このとき平清盛(きよもり)の妾となったとも伝えられる。のち一条大蔵卿(いちじょうおおくらきょう)藤原長成(ながしげ)に嫁した。3児は仏門に入ったが、鞍馬(くらま)山(京都市左京区鞍馬本町)にのぼった牛若がのち義経となった。美貌(びぼう)の誉れ高き女性である。歌舞伎(かぶき)『鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)』(一条大蔵譚(ものがたり))に登場する常盤は、立(たて)女方(おやま)の役どころである。[田辺久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の常盤御前の言及

【宗清】より

…義太夫節の《源氏烏帽子折(げんじえぼしおり)》2段目の翻案。源義朝の妻常盤御前が,今若丸,乙若丸,牛若丸3人の子を連れて雪の木幡の関にかかると,平清盛の命で,義朝の残党を詮議するために関をかためていた弥平兵衛宗清に見とがめられる。宗清は常盤に,子どもを救うために操を捨てて清盛に従えとすすめ,六波羅に伴う。…

※「常盤御前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常盤御前の関連キーワード九条院弥世継雑仕上の雑仕讚岐藤原実定七条院権大夫藤原呈子藤原信長廊御方(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常盤御前の関連情報