休書(読み)きゅうしょ(英語表記)xin-shou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

休書
きゅうしょ
xin-shou

古くから中国において使われた離婚状。離書 (りしょ) ともいう。離婚文言と再婚許可文言とから成る。離婚の必要手続であったか否かについては問題があるが,少くとも離婚の立証手段の一つであり,証拠文書であることにまちがいない。日本の江戸期の三行半 (みくだりはん) は,これにならったものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の休書の言及

【婚姻】より

…協議離婚もつねに可能であった。手続としては夫が休書(離縁状)を書き与え,妻が受領することによって離婚が成立した。離婚によって妻は夫族の一員たる地位を去り,夫家の家産に対しても権利を失う。…

※「休書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android