コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三行半(読み)みくだりはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三行半
みくだりはん

江戸時代において,離婚に際して,夫から妻へ交付される離縁状。3半に書く慣習が江戸中期以降一般的となったために,この呼称が生じた。なお,離縁状の交付を必要とするのは,庶民のみであり,武士階級は届け出をもって足りるから,これは庶民法上の慣行である。「三行半」の法的効果は,その交付によって,男女双方とも再婚が可能となることである。したがって,「三行半」のなかには,離別宣言とともに,再婚許可文言が記されているのが通例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みくだり‐はん【三行半/三下り半】

《三行半に書く習慣から》江戸時代、夫から妻への離縁状の俗称。離縁する旨と、妻の再婚を許可する旨を書いたもの。転じて、離縁すること。「三行半を突きつける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三行半の言及

【離縁状】より

…〈勝手ニ付〉は離縁状の代表的離婚事由であり,離婚に至ったのは夫のつごうによったこと,いいかえれば妻の所為(責任)ではないことを表示している。離縁状は離別状,去状(さりじよう),暇(いとま)状,隙(ひま)状などといい,また3行半に書かれることが多かったので三行半(みくだりはん)と俗称されたのである。【高木 侃】。…

※「三行半」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三行半の関連情報