コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休静 きゅうせいHyu‐jŏng

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうせい【休静 Hyu‐jŏng】

1520‐1604
朝鮮,李朝の名僧。字は玄応。号は清虚。本名は崔汝信。平安北道妙香山に住んでいたので西山大師尊称であがめられた。1552年僧科に及第,のち,教宗判事,禅宗判事を経て判禅宗事に進むが,59年辞して入山した。仏教界の統一,教禅兼修,儒仏道三教合一論を主張,李朝仏教中興の祖となる。壬辰・丁酉倭乱(文禄・慶長の役)に際し,門徒1500人を召集して義僧軍を編制,全国に檄を発した。八道十六宗都総摂に任ぜられ,弟子の惟政(泗溟堂)らと各地の義僧軍5000人を率いて日本軍と戦った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の休静の言及

【仏教】より

…新羅,高麗と受け継がれてきた朝鮮護国仏教の伝統は,李朝においてもいかんなく発揮された。1592年の壬辰の倭乱(文禄の役)に際して西山大師(休静)と泗溟(しめい)大師(惟政)は,義僧を率いて蜂起し戦闘に参加した。これらにみられるように護国仏教が朝鮮仏教を貫く特質の一つである。…

※「休静」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

休静の関連キーワード朝鮮の仏教文禄

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android