及第(読み)きゅうだい

精選版 日本国語大辞典「及第」の解説

きゅう‐だい キフ‥【及第】

〘名〙
試験合格すること。⇔落第。《季・春》
菅家文草(900頃)二・賀橘風「四十二年初及第、応知大器晩成人」
虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一「どうせ休むなら及第(キフダイ)してから、緩っくり休まう」 〔新唐書‐選挙志・上〕
② (品物などが)ある基準や条件にかなって、よいと認められること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「及第」の解説

きゅう‐だい〔キフ‐〕【及第】

[名](スル)
試験や審査に合格すること。「期末試験に及第する」「及第点」⇔落第
一定の基準に達していること。「セールスマンとして及第だ」⇔落第
[類語](1合格パス受かる/(2ベター増し次善まあまあそこそこまずまずセカンドベスト無難副次的二次的二義的ほどほど捨てたものではない満更まんざらでもない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android