コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会員権 カイインケン

デジタル大辞泉の解説

かいいん‐けん〔クワイヰン‐〕【会員権】

特定のゴルフ場やリゾート施設などを優先的に利用する権利。運営会社に保証金を預けて利用権を得る預託金会員制、会員が施設の所有権を共有する共有会員制などの形態がある。譲渡性のあるものは取引市場で売買される。「ゴルフ会員権
証券取引所有価証券を直接売買する会員としての地位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

会員権の関連キーワードハリマン(Edward Henry Harriman)広島エアポートビレッジ開発(HAV)リゾートソリューション預託金制ゴルフ会員権会員制リゾートクラブジョン チャーンリーリーマン・ブラザーズゴルフ場への預託金昭和30年代村構想リゾートトラスト特定商品預託法ミサワリゾート資産等報告書ゴルフ会員権有賀園ゴルフ現物紛い商法ラ・アトレバブル経済提携ローン資産公開法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会員権の関連情報