コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津暦 アイヅゴヨミ

デジタル大辞泉の解説

あいづ‐ごよみ〔あひづ‐〕【会津暦】

江戸時代、会津若松諏訪(すわ)神社の神官によって作られた地方暦。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいづごよみ【会津暦】

江戸時代の民間暦の一。会津若松の諏訪神社の神官が作り、幕府の許可を得て江戸で出版した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の会津暦の言及

【暦】より

…綴暦と折暦が頒行された。
[会津暦]
 古く15世紀,永享年間(1429‐41)に始まるといわれ,会津若松で発行されて近辺に売られていた。諏訪(すわ)暦とも呼ばれる。…

※「会津暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

会津暦の関連キーワード江戸時代諏訪神社仮名暦民間暦暦売り幕府許可京暦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android