コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会話分析 かいわぶんせきconversational analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会話分析
かいわぶんせき
conversational analysis

エスノメソドロジーにおける一つの立場 (方法) で,人々の間で日常的になされている会話的相互作用の克明な分析から,われわれの社会的現実が間主観的に構成されていることを示そうとするもの。たとえば H.サックスらは,発話の「順番取りシステム」を理論化し,会話における発話の交替がある規則に従って起きていることを明らかにした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

会話分析

会話の音声を文字に起こし、声の大きさやイントネーション、発話の区切りなどを書き取って分析する。1960年代に米国で社会学分野として始まり、言語学にも広がっている。患者にどんな質問をしたらいいかなど、心理療法や教育などの分野に応用されている。

(2012-11-03 朝日新聞 朝刊 山形 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

会話分析の関連キーワードエスノメソドロジーハーベイ サックスガーフィンケル梶原しげる

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会話分析の関連情報