コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会読 カイドク

デジタル大辞泉の解説

かい‐どく〔クワイ‐〕【会読】

[名](スル)数人が集まって、同じ書物を読み合って、その内容や意味を研究し、論じ合うこと。「原書を会読する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいどく【会読】

( 名 ) スル
数人が一か所に集まって同一の本を読み、研究や討論をすること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

会読の関連キーワード万葉集略解貞成親王横井小楠村田春海元田永孚伊藤東里適々斎塾香取竹斎修猷館郡稲原書藩学会頭討論研究数人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android