伝染性流産(読み)でんせんせいりゅうざん(英語表記)infectious abortion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝染性流産
でんせんせいりゅうざん
infectious abortion

牛,馬に特殊な流産菌の感染によって発生する流産。家畜届出伝染病。馬の場合は,ウマパラチフス菌によって起り,秋から冬の期間 (妊娠4~6ヵ月) に多い。敷草や器具から伝染する場合もあるが,普通経口的に飼料に混ざって感染し,妊娠子宮をおかし,胎盤に入って増殖し胎児が死んで流産を起す。予防にはワクチンがある。牛の場合は,バング流産菌がおもな原因であるが,トリコモナスラセン菌によっても起る。これも経口感染が主であるが,交配による接触感染もみられる。的確な予防ワクチンはない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android