コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おかし おかし

2件 の用語解説(おかしの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

おかし
おかし

日本文学における美的理念の一つ。「をかし」と表記した。古語。本来「をこ」からきていて,不調和の美であるが,平安時代には,中心的な美的理念「あはれ (→あわれ ) 」に同化されて,調和美となり,優美に近くなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おかし〔をかし〕

平安時代、「もののあわれ」と並ぶ美的理念の一。枕草子の主調美で、知的興味をそそられる感覚的、直観的な明るい情趣。室町時代以降は、こっけいの意で用いられ、狂言・俳諧・狂歌などの笑いの文学の底流となる。→おかしい

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おかしの関連キーワード子島曼荼羅中古文学無げのあわれ物哀れ物の哀れ薫物合せ美的範疇もののあはれ海淡路小野有隣

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おかしの関連情報