コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷草 しきくさmulching

3件 の用語解説(敷草の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敷草
しきくさ
mulching

作物を栽培する際にうね間や株間に野生の生草や刈干しを敷くこと。材料としてはわらが最も多いが,生草,乾草もある。果樹の場合には,敷紙といって,特殊な紙を敷くこともある。敷草は湿気を保ち,日射による地温上昇と過度の乾燥を防ぎ,冬季には被覆物として寒害を防ぎ,作物の根の生理を正常化する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきくさ【敷草】

作物間の土壌表面を被覆するために用いる稲わら,麦わら,刈草,堆肥などの総称。マルチの一種である。土壌の侵食防止,土壌水分の保持,地温の調節,雑草の発生防止などを目的とするが,施された有機物は徐々に分解して肥料の補給源ともなる。敷草は主作物の条間にあらかじめ牧草や青刈り用作物などを栽培しておき,適当な時期に刈り取って主作物の条間に敷く場合と,圃場(ほじよう)外から搬入する場合とがある。コンニャク植付け予定圃場にあらかじめエンバクを栽培しておくのは前者の例であり,果樹園や桑園などで用いられる稲わらや堆肥などは後者の例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone