コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝法堂 でんぽうどう

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

でんぽうどう【伝法堂】

法隆寺の東院にある講堂聖武天皇(しょうむてんのう)の橘(たちばな)夫人の住宅から移したもので、奈良時代の貴族住宅で唯一の遺構。739(天平11)年の建立とされる。現在は平面が7間×4間、瓦葺(かわらぶ)きの建物であるが、創建当時は、5間×4間、檜皮(ひわだ)葺きの切り妻屋根で、妻側(棟に直角に接する側面)に簀(す)の子の広い縁があった。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

伝法堂の関連キーワード奈良時代(年表)阿弥陀仏日本建築根来寺法隆寺縁側

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android