コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝法堂 でんぽうどう

1件 の用語解説(伝法堂の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

でんぽうどう【伝法堂】

法隆寺の東院にある講堂。聖武天皇(しょうむてんのう)の橘(たちばな)夫人の住宅から移したもので、奈良時代貴族住宅で唯一の遺構。739(天平11)年の建立とされる。現在は平面が7間×4間、瓦葺(かわらぶ)きの建物であるが、創建当時は、5間×4間、檜皮(ひわだ)葺きの切り妻屋根で、妻側(棟に直角に接する側面)に簀(す)の子の広い縁があった。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝法堂の関連情報