コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝法堂(読み)でんぽうどう

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

でんぽうどう【伝法堂】

法隆寺の東院にある講堂聖武天皇(しょうむてんのう)の橘(たちばな)夫人の住宅から移したもので、奈良時代の貴族住宅で唯一の遺構。739(天平11)年の建立とされる。現在は平面が7間×4間、瓦葺(かわらぶ)きの建物であるが、創建当時は、5間×4間、檜皮(ひわだ)葺きの切り妻屋根で、妻側(棟に直角に接する側面)に簀(す)の子の広い縁があった。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android