コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝法堂 でんぽうどう

1件 の用語解説(伝法堂の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

でんぽうどう【伝法堂】

法隆寺の東院にある講堂。聖武天皇(しょうむてんのう)の橘(たちばな)夫人の住宅から移したもので、奈良時代貴族住宅で唯一の遺構。739(天平11)年の建立とされる。現在は平面が7間×4間、瓦葺(かわらぶ)きの建物であるが、創建当時は、5間×4間、檜皮(ひわだ)葺きの切り妻屋根で、妻側(棟に直角に接する側面)に簀(す)の子の広い縁があった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝法堂の関連キーワード大聖武法隆寺斑鳩寺大講堂若草伽藍安田講堂行信(1)智蔵道詮了性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝法堂の関連情報