伝統的組織論(読み)でんとうてきそしきろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝統的組織論
でんとうてきそしきろん

古典的組織論ともいう。 19世紀末から 20世紀の初頭にかけて現れた F.W.テーラーを中心とした科学的管理法や,フランスの H.ファイヨールを始祖とする管理過程論などを総称した組織理論。科学的管理法では,経済的動機に支配された人間が単純・反復的な作業において最も能率的に働けるようにするため,作業の科学的研究,標準化がなされた。管理過程論では,組織の目的を最も能率的,合理的に達成するための組織化や管理の原則が主張された。この伝統的組織論は,その後の近代組織論から前提の誤りや原則間の矛盾,それに組織現象の一面しか扱っていないために批判されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android