コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝統的組織論 でんとうてきそしきろん

1件 の用語解説(伝統的組織論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝統的組織論
でんとうてきそしきろん

古典的組織論ともいう。 19世紀末から 20世紀の初頭にかけて現れた F.W.テーラーを中心とした科学的管理法や,フランスの H.ファイヨールを始祖とする管理過程論などを総称した組織理論。科学的管理法では,経済的動機に支配された人間が単純・反復的な作業において最も能率的に働けるようにするため,作業の科学的研究,標準化がなされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝統的組織論の関連キーワード古典的スポーツマンシップアナボル論争源平時代スカラ座ターレル兵庫県神戸市垂水区五色山組織論《古典的ポテンシャル論とその確率論的対》マクロ組織論

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone