管理過程論(読み)かんりかていろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管理過程論
かんりかていろん

H.ファイヨールの展開した経営管理論とそれをもとに発展した一連の理論。ファイヨールは管理を「計画」「組織」「命令」「調整」「統制」という5つの要素に分け,さらに管理活動を行う際に従うべき 14項目の管理原則をあげた。これらの5要素がそれぞれの管理活動のなかで,この順番に従って次々に実行されてゆくと考え,その意味でこれらの5要素は管理の過程を表わしているとする見方をとることから管理過程論という。なお彼のあげた5要素はその後「調整」はむしろ管理そのものであり,これを構成要素のなかに取入れるのは適切でないとして「計画」「組織」「指揮」「統制」の4つに整理された。このうちの「指揮」については「命令」あるいは「指導」「動機づけ」などということもあるが,その内容はだいたい同じといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android