コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴建尹 ばん たけただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伴建尹 ばん-たけただ

?-1803 江戸時代中期-後期の儒者。
陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。山崎蘭洲に師事。勘定奉行方,藩校稽古(けいこ)館の督学などをつとめ,農民,町人を対象とする刑罰法「寛政律」の制定にあたる。享和3年11月1日死去。本姓は外崎。字(あざな)は元尹。通称は才助。号は松軒。著作に「雞肋(けいろく)集」。

伴建尹 ばん-けんいん

ばん-たけただ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伴建尹の関連キーワード乳井月影儒者

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android