コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎蘭洲 やまざき らんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎蘭洲 やまざき-らんしゅう

1733-1799 江戸時代中期-後期の儒者,医師。
享保(きょうほう)18年8月25日生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩医をつぐ。江戸,長崎に遊学し,寛政8年藩校稽古館の司業となった。寛政11年2月4日死去。67歳。名は明,道冲。字(あざな)は敬夫,仲漠。通称は丈助,図書。編著に「新暦撰考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

山崎蘭洲 (やまざきらんしゅう)

生年月日:1733年8月25日
江戸時代中期の陸奥弘前藩士
1799年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

山崎蘭洲の関連キーワード唐牛東洲三谷坦斎津軽儼淵松田駒水藩学一覧生年月日土岐貞範工藤艶文伴建尹儒者享保

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android