伺事(読み)うかがいごと

  • うかがいごと うかがひ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 室町後期、幕府の訴訟制度における御前沙汰で、奉行人が将軍に訴訟の最終的な裁決を申請すること。評定衆あるいは右筆方の結論をまとめた「意見状」が作成されたのち、将軍の前でこれを報告して裁決を申請した。また、一般に、引付内談衆が将軍の前に参上し、議決されたことを報告して裁可を求めることをさす。〔内閣文庫本建武以来追加‐正長二年(1429)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android