コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁可 サイカ

デジタル大辞泉の解説

さい‐か【裁可】

[名](スル)
判断して許可すること。特に、君主が臣下の提出する議案を裁決し、許可すること。裁許。「申請を裁可する」「裁可を仰ぐ」
明治憲法下で、天皇議会の議決した法律案予算案を承認する行為。これによって確定的に成立した。勅裁

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

裁可【さいか】

旧憲法下で帝国議会が議決した法律案,予算案等について行う天皇の承認。議会の議決は天皇をたすける行為(協賛)であり,法律も予算も裁によって確定的に成立する。裁可には国務大臣副署を必要とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいか【裁可】

大日本帝国憲法の下で,帝国議会の議決した法律案・予算案を受け入れ,国家の法律・予算として確定する天皇の行為であり,天皇が統治権の総攬者であることを示す一例(大日本帝国憲法6条)。裁可は,法律等の成立要件であり,これにより拘束力が生じる。裁可は,法律案等の全部に対し,無条件で行われる。その時期については明文規定を欠くが,議会の次会期までと解されていた。裁可行為は,上諭を付して天皇が署名・捺印した後,内閣総理大臣が年月日を記入して副署し,主任大臣なども副署するという形式で行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいか【裁可】

( 名 ) スル
裁決し、許可すること。特に、君主が臣下の奏上する案を自ら裁決し許可すること。 「阿部侯は蘭軒の請によつて已むことを得ずして-した/伊沢蘭軒 鷗外
旧憲法下で、帝国議会の議決した法律案または予算案を確定的に成立させる天皇の行為。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

裁可の関連キーワードキング・イン・パーリアメントインノケンティウス(1世)ベネディクツス6世大日本帝国憲法ルイ[18世]ガリカニスムランベス信条開院式と勅語サンクション五私鉄疑獄英国と王室御触書集成奉勅命令表十五人アポロン太政官札侍従武官伊沢蘭軒御前沙汰大権事項

裁可の関連情報