コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右筆方 ゆうひつかた

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうひつかた【右筆方】

中世の武家職制の一つ。室町幕府の法曹官僚集団をいう。奉行人とも称する。室町幕府は鎌倉幕府に引き続き,引付という裁判機構の中に文書事務官僚である右筆を置いたが,南北朝末期に引付の制度がくずれると恩賞方(御前沙汰ともいう)に右筆を集中し,将軍臨席の下に裁許を行う裁判制度を始めた。これらの右筆は飯尾,斎藤,松田,清(せい),布施(ふせ),治部(じぶ)などの諸氏で,鎌倉幕府初期の公事奉行人である三善,太田氏らの末裔が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

右筆方の関連キーワード斎藤親基日記飯尾之種伺事記録飯尾為数応仁の乱松田長秀意見

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android