コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

似つこらしい ニツコラシイ

デジタル大辞泉の解説

につこ‐らし・い【似つこらしい】

[形][文]につこら・し[シク]
似つかわしい。ふさわしい。
「年頃といい、家柄といい、恰(ちょう)ど―・い夫婦故」〈嵯峨の屋・初恋〉
よく似ている。あまりに似ていて紛らわしい。
「書きし字の―・きに間違いは今一たび」〈緑雨・門三味線〉
いかにも本当らしい。もっともらしい。
「―・い嘘を言うと」〈一葉・われから〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

につこらしい【似つこらしい】

( 形 ) [文] シク につこら・し
似つかわしい。よく似合う。 「ちやうどおいらんに-・い/当世書生気質 逍遥
よく似ている。 「 - ・しき出家さへ見れば/浮世草子・新色五巻書」
本当らしい。もっともらしい。 「能い加減なこしらへ言、-・い噓を言ふ/われから 一葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

似つこらしいの関連キーワード当世書生気質

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android