位の山(読み)くらいのやま

精選版 日本国語大辞典の解説

くらい【位】 の 山(やま)

① 帝王の位が抜きんでていることを山にたとえたことば。
※讚岐典侍(1108頃)下「いよいよ久しく、位の山の年へさせ給はん」
② 位の昇進を山登りにたとえた語。くらいやま。
※拾遺(1005‐07頃か)雑賀・一一七〇「こ紫たな引く雲をしるべにて位の山の峯をたづねん〈清原元輔〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くらい‐の‐やま〔くらゐ‐〕【位の山】

帝王の位の抜き出たさまを山にたとえていう語。
「すべらぎの―の小松原今年や千代のはじめなるらん」〈続古今
くらいやま」に同じ。
「こ紫たなびく雲をしるべにて―の峰をたづねむ」〈拾遺・雑賀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android