コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低温産業 ていおんさんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低温産業
ていおんさんぎょう

化学,食品,エネルギーなどの分野で,0℃以下,0K (絶対温度) までの低温領域で効果的な生産活動をする産業総称。低温維持のために装置や技術の共通性があるうえ,化学的,物理的な研究課題も重複しているので,産業活動を機能別にとらえるいわゆるシステム産業の発想からこのような産業概念が生れた。具体的には食品分野でのコールド・チェーン冷凍食品など,エネルギー分野でのロケット燃料液化石油ガスなどがその中心である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android