住友金属工業[株](読み)すみともきんぞくこうぎょう

百科事典マイペディア「住友金属工業[株]」の解説

住友金属工業[株]【すみともきんぞくこうぎょう】

住友グループ(住友財閥参照)の中核企業の一つである製鉄会社。1897年開設の住友伸銅場が発展した住友伸銅鋼管と,1901年開設の住友鋳鋼所の発展した住友製鋼所が,1935年合併して成立。1959年伸銅・軽金属部門を住友軽金属工業として分離。1953年の小倉製鋼所合併により高炉メーカーの列に入り,和歌山に新鋭製鉄所を建設して一貫体制を確立,さらに茨城県鹿島に大製鉄所を建設して積極的拡大策をとる。石油採掘用のシームレス鋼管のトップメーカーだが不振が続き,新日本製鐵,川崎製鉄との提携を発表。多角化を模索している。本社大阪。2011年資本金2620億円,2011年3月期売上高1兆4024億円。売上構成(%)は,鉄鋼96,その他4。
→関連項目新日鐵住金[株]新日本製鐵[株]住金物産[株]ダイキン工業[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「住友金属工業[株]」の解説

すみともきんぞくこうぎょう【住友金属工業[株]】

日本第4位,世界でも有数の銑鋼一貫メーカー。本社大阪市中央区。〈パイプの住金〉といわれるように鋼材生産に占める鋼管類の比重が比較的高く,シームレスパイプ(継目なし鋼管)では世界一のシェアをもつ。和歌山と鹿島(茨城県)に大型の製鉄所があり,なかでも鹿島は日本有数の最新鋭大型製鉄所である。前身は1901年に住友家が〈日本鋳鋼所〉を買収し,住友鋳鋼所と改称したときに始まり,車輪車軸等の鉄道用品中心の平炉メーカーとして発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android