住吉物語絵巻(読み)すみよしものがたりえまき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住吉物語絵巻
すみよしものがたりえまき

住吉物語』に取材した絵巻。現在、東京国立博物館の一巻、東京・静嘉(せいか)堂の二巻の各残欠が残り、このほか断簡が諸家に伝わっている。静嘉堂本は、正月の子(ね)の日に嵯峨野(さがの)で遊ぶ姫君を少将がかいまみて見そめる話、継母に虐げられる姫が住吉に逃れ隠棲(いんせい)する話、東博本は、姫君を恋慕する少将がその居所を捜し当てめでたく結ばれる一段を描く。2本の絵は別筆であるが、ともに鎌倉後期(14世紀)の作で、濃彩を駆使したこの時代の物語絵巻の典型作といえる。[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android