住宅の品質確保の促進等に関する法律〔品確法〕(読み)ジュウタクノヒンシツカクホノソクシンナドニカンスルホウリツ(シナアキラホウ)

リフォーム用語集の解説

住宅の品質確保の促進等に関する法律〔品確法〕

良質な住宅を安心して取得でき、万一のトラブルの際も消費者保護の立場から紛争を速やかに処理できる機関の整備など、住宅市場の条件整備と活性化を目的とした法律。新築住宅の取得契約において、基本構造部分(柱やなど、住宅の構造耐力上、主要な部分など)については完成引渡し後10年間の瑕疵担保責任が義務付けられている。また、契約前に住性能を比較できる住性能の表示基準を設定すると共に、客観的に性能を評価できる第3者機関を設置し住宅の品質確保を図る対策がとられている。→住宅性能表示制度

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android