コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅の品質確保の促進等に関する法律〔品確法〕 ジュウタクノヒンシツカクホノソクシンナドニカンスルホウリツ(シナアキラホウ)

1件 の用語解説(住宅の品質確保の促進等に関する法律〔品確法〕の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

住宅の品質確保の促進等に関する法律〔品確法〕

良質な住宅を安心して取得でき、万一のトラブルの際も消費者保護の立場から紛争を速やかに処理できる機関の整備など、住宅市場の条件整備と活性化を目的とした法律。新築住宅の取得契約において、基本構造部分(柱や梁など、住宅の構造耐力上、主要な部分など)については完成引渡し後10年間の瑕疵担保責任が義務付けられている。また、契約前に住性能を比較できる住性能の表示基準を設定すると共に、客観的に性能を評価できる第3者機関を設置し住宅の品質確保を図る対策がとられている。→住宅性能表示制度

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住宅の品質確保の促進等に関する法律〔品確法〕の関連キーワード枕を高くするまさかの時アンデスメロン高齢者居住法公庫融資住宅取得資金の贈与住宅取得促進税制住宅の品質確保の促進に関する法律第1種低層住居専用地域Degree

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone