コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅地需給モデル じゅうたくちじゅきゅうモデルsupply and demand model for housing land

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住宅地需給モデル
じゅうたくちじゅきゅうモデル
supply and demand model for housing land

住宅地の地価は,理論的には,本来,新規の宅地に対する需要と供給が一致する水準点で決まると考えられる。こうした観点から 1989年度『経済白書』では,住宅地開発のプロセスを需要側と供給側に分け,そのモデルから地価の動きを分析している。そこでは単純化のため,(1) デベロッパーは農地所有者から土地を買い,住宅用途に土地を造成する,(2) 住宅を需要する消費者はこの開発済みの土地を購入して住宅を建てると考える。したがって需給関数としては供給側は税引き後のキャピタルゲインの動向を見ながら供給量を決め,需要側は現在の地価,将来の予想地価,土地と代替的な資産 (金融資産) の収益率によって供給量を決めると仮定して定式化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android