佐々木 一夫(読み)ササキ カズオ

20世紀日本人名事典 「佐々木 一夫」の解説

佐々木 一夫
ササキ カズオ

昭和期の作家



生年
明治39(1906)年9月9日

没年
昭和62(1987)年1月23日

出生地
鳥取県倉吉市

学歴〔年〕
北谷小学校卒業

経歴
プロレタリア文学運動に参加戦後新日本文学会加入、「檻の中」「北上村」などを発表著作に「底流」「魅せられた季節」「夜道」「没落後」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android