新日本文学会(読み)しんにほんぶんがくかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新日本文学会
しんにほんぶんがくかい

文学団体。 1945年 12月 30日創設。第2次世界大戦後,長年弾圧されていたプロレタリア文学の復興と,さらに広範な民主主義文学勢力の結集を目指し,蔵原惟人壺井繁治中野重治,秋田雨雀,江口渙窪川鶴次郎徳永直,藤森成吉,宮本百合子が発起人となり 173名が参加して発足,翌年3月機関誌『新日本文学』を創刊した。しかし『人民文学』の創刊 (1950) による分裂,あるいは『近代文学』派とのきびしい対立などを生み,一時は日本共産党の下部組織の観を呈した。 1960年代後半以降は政治と文学の問題を克服,『近代文学』派とともに文学団体として今日にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の新日本文学会の言及

【蔵原惟人】より

…32‐40年まで在獄,非転向。敗戦後は新日本文学会の結成,共産党文化部長としての活動等があった。【小田切 秀雄】。…

【新日本文学】より

…新日本文学会発行の文芸雑誌。1946年(昭和21)3月創刊(創刊準備号は1月刊)。…

※「新日本文学会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android