佐々木 康(読み)ササキ ヤスシ

20世紀日本人名事典の解説

佐々木 康
ササキ ヤスシ

昭和・平成期の映画監督



生年
明治41(1908)年1月25日

没年
平成5(1993)年9月13日

出生地
秋田県平鹿郡雄物川町字沼館

学歴〔年〕
法政大学文学部国文科卒

主な受賞名〔年〕
日本アカデミー賞会長特別賞(第17回)〔平成6年〕

経歴
昭和4年松竹蒲田撮影所に入り、小津安二郎助監督として採用される。11年メロドラマ「悲恋華」で監督昇進。「真白き富士の根」「宵待草」「純情二重奏」などの“名曲”シリーズで本領を発揮、“歌謡映画”のジャンルを不動のものとする。20年「そよかぜ」では主題歌の「リンゴの唄」が大流行、21年に発表した「はたちの青春」は日本初の接吻映画として話題になった。戦後も万城目、高峰三枝子のトリオで「懐かしのブルース」「別れのタンゴ」「情熱ルンバ」とヒットさせ、37年東映京都に移籍。以後10年間、「旗本退屈男」シリーズなどを手がけ、東映時代劇の黄金時代の一翼を担う。41年からはテレビ時代劇「銭形平治」の監督としても活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々木 康の関連情報