高峰三枝子(読み)たかみね みえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高峰三枝子 たかみね-みえこ

1918-1990 昭和時代の映画女優。
大正7年12月2日生まれ。高峰筑風の長女。昭和11年松竹大船にはいり佐野周二,上原謙,佐分利信らと共演,スターとなる。代表作に「暖流」「自由学校」など。またレコード歌手としても活躍,「湖畔の宿」が大ヒット。テレビの司会,CMでも知られる。平成2年5月27日死去。71歳。東京出身。東洋英和女学校卒。本名は鈴木三枝子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高峰三枝子
たかみねみえこ
(1918―1990)

女優、歌手。東京都生まれ。本名は鈴木三枝子。父は筑前琵琶(ちくぜんびわ)宗家の高峰筑風。1936年(昭和11)東洋英和女学校を卒業し、松竹大船撮影所に入り、1か月後に『母を尋ねて』でデビュー、翌1937年『荒城の月』で主役についた。のちに二枚目スター佐野周二、上原謙、佐分利信(さぶりしん)らと共演し、田中絹代(たなかきぬよ)らと松竹大船の黄金時代を築いた。1939年吉村公三郎監督『暖流』で演技派としての個性が開花し、また1940年日本コロムビアから出した歌謡曲『湖畔の宿』が大ヒット、歌う映画スターとして人気を得る。戦後は、1960年テレビドラマ『熱帯樹』に出演、1968年テレビのワイドショー『三時のあなた』の司会、1976年角川映画『犬神家の一族』に出演してブルーリボン賞助演女優賞受賞などと活躍した。出演映画は総数180本以上にのぼる。平成2年5月27日没。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高峰三枝子の関連情報